DITECは潜水・潜函作業における安全管理のスーパーアドバイザーです。                      
     緑十字;労働安全のシンボル 株式会社潜水技術センター(DIVING TECHNOLOGY CENTER) イメージ;ヘルメット
     TOP会社案内業務案内納入実績講習会関連学会リンクお問い合わせ                       
 
   <潜水士試験の詳細>
 
 次回の潜水士免許試験日 こちら
   1.潜水士とは
     業務を目的として、潜水器を使用しボンベやコンプレッサーなどからの給気を受けながら
    潜水を行うダイバーの事を指します。
     具体的には、各種の潜水作業や潜水調査、潜水漁業(素潜りを除く)、ダイビングインスト
    ラクター/ガイド、消防や警察のレスキュー、水族館などでの水槽内作業に従事する場合等
    には潜水士免許(国家資格)が必要です。
    (安全衛生法第61条、労働安全衛生法施行令第20条第9号、高気圧作業安全衛生規則
    第12条)
 
   2.試験の概要
     潜水士試験は筆記による学科試験のみで、実技試験はありません。学科試験は「潜水
    業務」、「送気、潜行及び浮上」、「高気圧障害」、「関係法令」の4科目から出題されます。
    試験はいずれの科目についても5者択一のマークシート方式で、正解が各科目40%、
    かつ全科目で60%が合格ラインとなります。
 
   3.受験資格
     制限は一切ありません。
    ただし、18歳未満の場合は、18歳に達するまで免許交付を受ける事が出来ません。又、
    身体が不自由な場合には、従事できる作業が制限される場合があります。詳細に関しては
    財団法人安全衛生技術試験協会(電話:03-5275-1088)までお問い合わせ下さい。
 
   4.受験申請及び試験場所
     受験申請及び試験は全国7ヶ所の安全衛生技術センターで行っています。受験申請する
    場合には、受験を希望する安全衛生技術センターに受験申請書を郵送するか、又は持参
    します(受験申請用紙は各安全技術センターの他、各都道府県労働基準協会で頒布して
    います。なお、身体に障害があり、受験の際に特別な配慮を希望する場合には、その旨
    各安全衛生技術センターに申し出て下さい。
 
   5.受験申請書の受付期間
     受付期間は、郵送で申し込む場合、試験日の2ヶ月前から14日前まで(当日消印有効)、
    直接持参する場合には2日前までとなっています。
 
   6.試験結果の発表
     試験の結果は、「免許試験結果通知書」によって直接受験者に通知されます。なお、
    その際、不合格者には得点も通知されます。
 
   7.試験の内容
     出題される科目と試験範囲は以下の通りです。

試験科目

試験範囲

潜水業務

・潜水業務に関する基礎知識

・潜水業務の危険性及び事故発生時の措置

送気、潜降
    及び浮上

・潜水業務に必要な送気の方法

・潜降及び浮上の方法

・潜水器に関する知識

・潜水器の取り扱い方
・潜水器の点検及び修理の仕方

高気圧障害

・高気圧障害の病理
・高気圧障害の種類とその症状

・高気圧障害の予防方法
・救急処置

・再圧に関する基礎知識

関係法令

・労働安全衛生法
・労働安全衛生法施行令
・労働安全衛生規則
・高気圧作業安全衛生規則
 ・・・のうちの関係条項

 
                        Copyright© 2005, DITEC Allright Reserved.